概要 | hill-rom.com

早期離床

早期離床に関する問題

重症疾患または重傷によって動けなくなることで、患者はさまざまな合併症の危険にさらされる可能性があります。1 2

  • せん妄
  • 人工呼吸器関連肺炎(VAP)
  • ICU無力症
  • 褥瘡

最近、次の3つの有力な学会が早期離床を推奨するガイドラインと実施上の留意事項を発表しました。

  1. 米国集中治療医学会(SCCM)3
  2. 米国救命救急看護師協会(AACN)4
  3. 米国看護師協会(ANA)5

このトピックについては、米国以外の国でもガイドラインが発表されています。

早期離床プロトコルは、上記の疾患をはじめとする合併症に対処する助けとなります。6 7 8 9実際、患者の転帰を持続的に改善する手段として、ABCDEバンドルなどのバンドルの使用を多くの臨床医が開始しています10 11 12

このようなプロトコルや技術は、入院日数の短縮や、費用のかかる合併症の減少につながるため、病院の財務にもプラスの影響をもたらすことがわかっています。13

「それが本当なら、当院のICUでどのように運用を開始すべきだろうか?」とお考えの方もいらっしゃることでしょう。そこで当社がお役に立ちます。当社では、早期離床プロトコルをICUで容易に導入できるように、プログレッシブ・モビリティ(Progressive Mobility™)プログラムを立案しました。このプログラムは最新のエビデンスに基づいて作成され、国内でも有数の権威ある人物のチェックを受けています。患者の離床に必要な実践的ツールを提供するプログラムです。

プログレッシブ・モビリティ(Progressive Mobility™)プログラムの詳細をご覧ください

参照 »