ヒルロム

ヒルロム

1929年の設立以来、当社は病院の環境を患者にとって安全で快適なものにするというビジョンの実現に最も力を入れて活動してきました。このようなビジョンから生まれたのがヒルロム・ブランドです。そしてこのブランドの進化は、患者の早期離床を積極的に推進する目的で設計された革新的な集中治療技術、プログレッサ・ベッドシステムの開発へと続くことになりました。プログレッサは、ベッドの動作中に患者を最適な位置に保持できる高度な角度調整技術、ステイインプレイス(StayInPlace™)を搭載した最初のベッド・システムです。病院用ベッドで患者が移動したり滑り落ちたりすると、体位変換を繰り返すことになり、医療従事者にとっての負担が増大する可能性があります。ステイインプレイスはヒルロムの人間工学研究ラボで開発された高度な角度調整技術であり、患者が仰臥位から立位に移動すると発生する脊椎の自然な伸長にベッドの動きを適合させます。ステイインプレイスにより患者が最適な位置に保持されるため、ベッドの頭部を持ち上げた場合に発生する脚方向への動きを最小限に抑えることができます。