ハンディチューブ(HandyTube™)手動移動補助具


手動移動時の摩擦を軽減

ハンディチューブ(HandyTube™)手動移動補助具は、患者と患者を支える表面間の摩擦を軽減することにより、ベッド内での短距離移動、2台のベッド間の移動、またはベッドとストレッチャー間の移動を容易にするスライディング・シートです。このシートは平均的な体重の患者にも肥満患者にも利用できます。高品質、低摩擦の生地でできているため、長期使用後や繰り返し洗濯した後でも良好な滑り性能を保持します。

ハンディチューブは、用途に合わせた3種類のモデルが用意されています。「ショート」は、主に患者をベッドの上の方に移動する場合に使用するモデルです。大きな「ロング」モデルは、ベッドにいる患者の体位を変換する場合や、2台のベッド間で移動を行う場合に役立ちます。ハンドル付きの「ワイド」モデルは、ベッドで患者の体位変換や移動を行う目的で使用できます。また、2台のベッド間で患者を移動する場合にも使用できますが、必ず2名の医療従事者で作業を行ってください。