サビナ(Sabina™)II床走行型リフト


3つのリフトが1つに

サビナ(Sabina)II床走行型リフトは他の座位からの立ち上がりリフトとは異なり、多用途を念頭にデザインされています。優れた設計により、1つの製品で複数の独自の用途に対応できます。サビナIIリフトは個々の患者の能力に合わせた立ち上がり動作またはリフト動作を提供することで、幅広い患者のニーズを満たします。

調節可能な高さレベルにより、ほとんどの体格の患者に適合します。また、脇下の圧迫に敏感な患者の場合は、サビナIIリフトと組み合わせて、コンフォート・スリングバーおよびコンフォートベスト(ComfortVest™)を使用できます。このリフトはまた、座位でリフトする従来の患者リフトとして使用することもできます。スリングバーも容易に交換可能なため、さらなる利便性が提供されます。

機能

交換可能なスリングバー

交換可能なスリングバー

サビナ・リフトには容易に交換可能なスリングバーが装備されています。最も一般的なのは幅の狭いスリングバー(350スリングバー)で、リコ・サポートベストまたはリコ・セーフティベストと組み合わせて使用します。コンフォートベスト(ComfortVest™)と組み合わせて使用する幅の広いコンフォート・スリングバーを使用すると、腕の外側で上半身を中心としてリフトできます。

調整可能な高さ

調整可能な高さ

サビナIIリフトには調節可能な高さレベル機構が装備されているため、さまざまな患者の体格や状態に対応できます。